メリットを理解して格安航空券を使いましょう

ANAの国内線を安く利用したいなら格安航空券を活用しましょう! - メリットを理解して格安航空券を使いましょう

メリットを理解して格安航空券を使いましょう

巨人であるJALにANAは追いつけたのでしょうか。
公的支援を受けたJALに対する意地が、ANAにはあります。
そこでANA航空券におけるメリットを探してみましょう。

2017年まではANA優位です

国内外の新規路線開設において、現在はANA中心に配分されています。
これはJALが経営破綻したことにより公的支援が入ったためです。
つまり競争が公平に行われない恐れがあるからです。
2017年4月の投資解禁までは、ANAが完全に優位です。
また格安航空券の嚆矢とも言えるHISが中心になって設立されたスカイマークも経営破綻しました。
これを救ったのはANAです。
今ではANAホールディングスの傘下です。
不協和音が囁かれていますが、ANA主導は堅いでしょう。
なお庶民には関係のないことですが、買い替えに伴い政府専用機の整備委託がANAに変わります。
さらに天皇陛下の移動に際しても、ANAの飛行機が使われるようになっています。
風向きは今、ANAにとって追い風です。
当面はANAが積極的に仕掛けてきます。
格安航空チケットに関しても変わることはないでしょう。

やっぱり国内旅行はANA

元々の住み分けがありました。
国際線はJAL、国内線はANAです。
完全競争時代に入り、LCCの参入で戦国時代を迎えても、その名残はあります。
やっぱり国内の旅行やツアーのプランならANAでしょう。
なお国内の航空会社とコードシェアが多いのもANAの特徴です。
そのため地方路線にも強みがあります。
例えば北海道ならAIRDOです。
仙台が中心的なIBEX。
長崎の離島を飛ぶオリエンタルエアブリッジ。
宮崎を本拠にしたソラシドエア。
そして北九州を拠点にするスターフライヤーとも共同しています。
それぞれが提供するオリジナルな格安航空チケットを予約することもできますよ。

ANAカードを作りましょう

ANAカードを持っていますか。
マイルを貯めて使いたいなら、カードを作りましょう。
格安航空券であっても、買ってしまえば同じことです。
家族カードや学生カードなどもありますよ。
なお2016年4月1日から嬉しいお知らせです。
ANAカードがあればANAグループの免税店で5%の割引が受けられます。

知っておきましょう

ANAの航空券を購入するメリットを知っておきましょう。
特に2017年までANAは完全な追い風状態です。
最後の勝負として激安の料金で仕掛けてくる可能性もありますよ。