LCCとANAの格安航空券を比べてみた

ANAの国内線を安く利用したいなら格安航空券を活用しましょう! - LCCとANAの格安航空券を比べてみた

LCCとANAの格安航空券を比べてみた

外国人観光客による追い風もあるでしょうが、ANAの勢いが止まりません。
もちろんLCC(格安航空会社)と比べても、料金を含め引けをとらないでしょう。
ANAには多くの強みがあるからです。

国内線に強い

会社のおいたちとも関係しますが、ANAの特徴は国内線に強いことです。
LCCが参入してきても、それに揺らぐことはありません。
そういう意味では、国際的な経済情勢に左右されないメリットが生かせます。
ANA航空券を使えば、国内にあるほとんどの空港へ旅行できます。
中にはコードシェアしている航空チケットもあります。
それもANAの特徴と言えるでしょう。
格安航空券に先鞭をつけた北海道のAIRDO、福岡を拠点とするスターフライヤーとも共同運航しています。

サービスに満足できる

こちらもANAのお家芸です。
すなわち格安航空券を予約、購入したとしても、ANAのサービスには定評があります。
もちろん個人的な趣味もあるでしょうが、お高く止まりがちなJALに比べれば、ANAは庶民的かもしれません。
これも設立の経緯に関係するのでしょうが。

子会社としてLCCを持つ

ANAの特徴には、LCCを子会社の形で保有している点もあるでしょう。
つまり激安な格安航空チケットや最安値の競争はLCCに任せる!戦うプランができています。
例えばバニラ・エアは100%完全な子会社です。
国内線としては、成田から新千歳および那覇や奄美を結んでいます。
またピーチ・アビエーションに対しては、ANAホールディングスが38.67%を保有する筆頭株主になっています。
こちらの路線も東京は成田、大阪は関空を使います。
親会社の航空券とはかぶらないように、上手く住み分けをしています。

機種が豊富です

飛行機のファンとすれば、ANAは機種が豊富です。
LCCだと経済効率のよい機材に限定されます。
ちょっとつまらないですね。
例えば何かとお騒がせしたボーイング787を世界に先駆けて導入したのはANAです。
逆に「ジャンボ」の愛称で親しまれたボーイング747を最後まで運用していました。
さらにヨーロッパ系のエアバスも、バランスよく保有しています。

知っておきましょう

ANAの戦略を知っておきましょう。
つまりLCCと共存することを含めた幅広いバランス感覚です。
今後はJALとどのように戦っていくかも、興味の尽きない点ですね。