ana正規運賃!格安航空券で国内線を利用するならANAがオススメ!その理由とは?

大手航空会社であるanaの正規運賃と格安航空券についてがよくわかります。正規運賃と格安航空券では何が異なるのか、それぞれどんなメリットがあるのか。国内線にanaを利用するのが良いといわれている点が何なのかこれですぐわかりますよ。

国内線のanaの正規運賃を格安航空券の違いとは一体何か?

同じ国内線のanaの航空券であっても、正規運賃と格安航空券というものがありますが、この違いを皆さんはご存知でしょうか。ここではその違いや、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介するので、あなたの旅行スタイルに合ったanaの航空券を選びましょう。

国内線のanaの正規運賃にはこんなメリットとデメリットが

国内線のanaの正規運賃にはこんなメリットとデメリットがあります。国内線のanaの正規運賃と格安航空券として売られているものとの1番の違いが、キャンセルや変更ができるかできないかの違いです。

国内線のanaの航空券を正規運賃で購入すると、もちろん、それなりに料金も支払っているわけですから、条件についてもかなりフレキシブルになってきます。その1つが、キャンセルや変更をしたい時には、ほとんど無料でそれをすることができます。

ただし、これは、変更であれば、変更したい日にちや便に空きがあればとなりますので、もし、変更したくても、購入した航空券のクラスに空きがなく、もっと上のクラスにしか変更できない場合には、その差額を払うことになります。

さらに、正規運賃で購入した際には、問題があった時に、エコノミークラスであれば、他のエコノミークラス(いくつかのグレードに分かれています)よりも、プライオリティが高いです。ですが、デメリットというのは、やはり値段の高さで、国内線でも、東京から九州だと片道3万円以上します。

国内線のanaの格安航空券にはどんなメリットとデメリットがあるのか

国内線のanaの格安航空券にはどんなメリットとデメリットがあるのかということも知っておきましょう。メリットとしては、もちろん、安さです。格安航空券であれば、東京と九州のお往復であっても2万円前後から手に入ります。

しかも、最近では、割増料金なしでも便指定ができるようになったりと、実は、すごく多彩になってきているのが、格安航空券なのです。ですが、もちろん、デメリットも存在します。予約すること時点は格安航空券でもお金はかかりませんが、それを支払って発見した後というのは、必ずペナルティの対象となります。

ペナルティを払ってでも変更とキャンセルができればまだ良いのですが、支払い後に何かしようとなった時には、必ずペナルティが発生します。もしくは、返金不可ということで、払った金額は戻ってこないことも多々ありますので、

この点には注意しましょう。他にも、便指定していない場合にはぎりりまで便名がわからないということもあります。

ANAの正規運賃と格安航空券の違いについてよく理解して購入する

ANAは、日本を代表する航空会社で、国内線だけでなく、数多くの国際線も就航しています。ネットワークは全世界に広がっておりとても使いやすい航空会社です。この航空会社を利用するには、航空券を購入する必要がありますが、航空券にはいろいろな種類がありそれぞれに違いがあります。

正規運賃を利用するメリットはどんなものがあるのだろうか

飛行機のチケットの中でも、最も高額な運賃のチケットが正規運賃と呼ばれるチケットです。会社関係の出張除いては、割引がほとんどないので、旅行ではあまり利用しないチケットです。

しかし、この正規運賃は正規運賃にしかないメリットがあります。代表例として、予約の変更が当日まで可能であると言うことです。大きな割引の航空券では、予約の変更が不可能なことが多いです。当日空港に早く着いても前の便に変更したり、間に合わなかった時に後の日に変更してもらったりすることはできません。

さらに、予約を取り消す時にも航空券の半額近い違約金を支払わなければならないのが、割引運賃の特徴です。正規航空券にはこのようなルールはなく、当日まで予約の変更や取り消しが可能になっています。

座席についても、正規運賃の場合前方の乗り降りがしやすい座席や足元の広い座席を確保することができるようになっています。旅行の日程が決まらない場合は正規運賃を利用するという方法も1つあります。

価格の変動幅が大きい格安航空券を上手に活用するのが大切

格安航空券は、航空券の予約に関しての自由があまり効きませんが、その分非常に安く旅行に行くことができます。ただし格安航空券の特徴として、時期によっての価格の変動幅が大きいと言うことです。

例えば多くの人が旅行に行くような年末年始や大型連休には、格安航空券はあるものの割引率が低くなっています。さらにこの時期の中でも、都市部を午前中に出発することが出来るような、人気の日になればなるほど割引率が小さくなります。

逆に言えば、人気のないシーズンや利用者のあまり多くない時間帯の航空券は同じ区間であっても非常に安くなる特徴があります。正規運賃ではどの便のどの時間帯になっても同じ金額ですが、格安航空券では座席の残席数に応じて、価格を設定する方法を採用しています。

このため旅行でできるだけお得に行きたい場合は、季節だけでなく、航空機の発着時間内によっても価格が変動するので、価格と現地滞在時間を比べて航空券を手配するのがポイントです。

ANAの格安航空券を使う理由は何か

2016年の国内線は、ANA中心に動きます。今ならANA航空券を利用すべきです。格安航空券に限らないでしょうが、様々なメリットを享受できるはずです。

料金はどれくらいになるのか

1.普通運賃の場合

ANAとJALの料金は横並びです。とはいえ一応金額を確認しておきましょう。例えばドル箱路線でもある東京羽田と大阪伊丹の間は、普通運賃が片道25,490円です。往復割引でも同23,190円です。

航空会社にとって東京大阪便の需要は安定しています。そのため大きな割引をしたくないようです。しかし新幹線との戦いがあります。そこで片道が16,740円になるシャトル割引を提供しています。回数券みたいなものですね。

2.旅割の場合

ANAが正規に販売する格安航空券として旅割があります。こちらもJALと大きく変わることはありません。具体的にみると羽田伊丹間で75日前までに予約する旅割75は6,700円です。

最安値としては目立ちますし宣伝効果は大ですね。しかしあくまでも個人の旅行に限定された商品です。なので利用する際の格安飛行機 予約は早めにしましょう。

3.特割の場合

ビジネスでの利用を考えたなら特割がおすすめです。搭乗日の3日前まで予約が可能です。羽田伊丹間の最安値は11,490円になります。空港までのアクセスを含めても、不満はないでしょう。


お得な利用法は

1.追い風に乗りましょう

日本人であれば縁起を担ぎたいでしょう。追い風が吹いている会社と仲良くすれば、運をもらえるかもしれません。そういう意味でもANAはおすすめです。

公的資金を受けたJALとの公平を期すため、今ANA優位で新規路線開設などの諸制度が整備されています。この点からも格安航空チケットを含めて、当面はANA航空券から眼が離せません。新しい政府専用機や皇室がチャーターする場合もANAが選ばれています。安全面でもANAが安心できそうです。

2.国内旅行ならANAです

昔から言われたことですが、国内旅行ならANAです。今でもその流れは同じです。その理由として他社とのコードシェアが多いこともあります。先に経営が行き詰ったスカイマークを傘下にしています。

そう考えれば北海道を中心にしたAIRDOも共同運航しています。さらに地方路線のソラシドエア、大きなところでもSFJと一部提携しています。国内で行けないところはなさそうです。

注意点は何か

1.予約変更はできません

ANAに限らず、格安航空チケットを使う場合の注意点を知っておきましょう。第一に航空券の予約変更ができません。
基本原理は、一度予約を取り消して、新たなチケットを予約しなおす。街中の旅行代理店で購入するパターンと同じです。

第二として欠航になった際のキャンセル待ちが後回しになりやすいことです。とはいえ安いには裏があります。あらかじめ覚悟しておくことでしょう。もちろんお天気に文句を言うことはできませんね。

2.取消手数料の考え方

一度企てた旅行のプランを変更するのは嫌ですね。様々な手続きが面倒でもあります。とはいえ航空チケットの取消方法について、知っておくべきでしょう。基本原則は、取り消しに際して払戻手数料が一律430円かかることです。

これは格安チケットを問いません。一方で空港利用料は返金されます。普通運賃であれば、取消手数料は無料です。ただし特割を含め割引された航空券の場合には搭乗期間までの長さに応じた手数料がかかります。

購入する際に教えてもらいましょう。それによって計画の仕方も変わるでしょう。

3.ペットを預けるなら

ペットは家族の一員です。とはいえ他のお客様もいます。客席に入れることはできません。しかし航空会社も考えます。時代にあったサービスが用意されています。例えば小型犬、ネコ、小鳥、ウサギ、ハムスターなどは、専用の預け方があります。

一部の犬種には対応していませんが、一律6,000円でお願いできます。繊細な生き物として、金魚、カメ、昆虫類ならば客席に持ち込むことも可能です。黙って持ち込むことはせず事前に相談してみましょう。

おすすめのポイントは

1.北海道ならANAですよ

ANAは国内に強いですが、中でも一押しは北海道です。新幹線が開通したとはいえ、まだ函館までです。入り口に過ぎません。そこからが広いです。北海道旅行なら、飛行機の利用が一番です。それも目的に応じた空港を選ぶべきです。

隣の空港であっても距離はだいぶあります。間違えないようにしましょう。ANAのツアーやパック商品なら、レンタカーや宿泊を組み合わせることもできます。なによりANAはAIRDOとコードシェアしています。

期間限定ではありますが、羽田新千歳間が6,000円という激安のチケットもゲットできますよ。

2.機種が豊富です

飛行機のファンならば、ANAを選びたいですね。ANAは機種が豊富です。ANAならエアバスにも乗れます。もちろん路線によって機種は限定されます。それでも空港の展望デッキなどで楽しませてくれます。

知っておきましょう

なぜANAに乗るのか。言い換えるなら、なぜANAに乗らないのか。その理由を知っておきましょう。使い方を知る知らないでは、旅行の楽しみ方が変わりますよ。

新着情報

◆2017/12/04
国内線のanaの正規運賃を格安航空券の違いとは一体何か?の情報を更新しました。
◆2017/09/27
免責事項を新規投稿しました。
◆2017/08/21
旭山動物園でホッキョクグマを見ようを新規投稿しました。
◆2017/08/08
いろんな形で歴史を味わう。国生みの地・出雲が誇る荒神谷博物館。を新規投稿しました。
◆2017/08/07
ワンちゃんも一緒に子連れでディズニー旅行を新規投稿しました。